« EQ | トップページ | confession »

2004.04.05

healing

先日アメリカ人のお医者さんと知り合う機会があり、
自分が考えていることについていろいろお話してきました。
彼は患者を診る時に常に頭にある言葉があるといいます。
それは『治癒』という言葉。
治癒の治には「治す」という意味があります。
これは薬や理学的療法などを用いて患者を治すことです。
また治癒の「癒」には癒すという意味ですよね。
医者は患者を治すだけではなく、癒すことが大切だというのです。
治すことより癒すことの方が難しい。
すっごく納得。
就職活動してコンサルティングすることに興味を持ってきたけれど、
コンサルが企業にとってのお医者さんであるという風に考えられるなら、
問題点を改善し効率化を図る「治」だけではなくて、
その企業や社員に「癒」しを与えていけるようなコンサルタントになりたい。
そう強く感じた一日でした。

|

« EQ | トップページ | confession »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして^^
さきっちょのところから飛んできました~。
『インテリジェントで二枚目でおもしろくてレスポンスが早い人』
ってどんな人やろ~と思って(笑)

この話は「CARE」と「CURE」の話やんね。
私は大学で社会学やら社会福祉を勉強してるから
この問題はかなり論議したなぁ。

けど、それにコンサルを置き換えて
『癒しを与えていけるようなコンサルタントになりたい』と。
その発想の柔軟さはええね☆
私もそれはずっと心に留めておきたいな。

投稿: オカジュン | 2004.04.08 09:19

はじめまして。どっかから飛んできました(笑
「う~ん、うまい!」
と思わずうなってしまったので思わず書き込みさせていただきました。
コンサルの話に繋げるか~マジで柔軟な発想ですな。

投稿: ゆう | 2004.04.08 20:24

>オカジュン
コメントありがとさんです。
発想の柔軟性は大切だと感じてます。
いろんなものの見方ができるようになると、
自分の知らない世界が見えると思うしね☆
>ゆう
これからもやわらかい頭を持っていけるよう精進いたします。

投稿: よっちん | 2004.04.08 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16791/402048

この記事へのトラックバック一覧です: healing:

« EQ | トップページ | confession »