« monochrome | トップページ | tutor »

2004.05.14

regret

やっと気持ちを少し整理できたので、日記を再開しようと思う。
今はただただ無念の気持ちで満たされている。
大学の友達が、この世を去った。
21歳という若さで。
筆舌に尽くしがたいこの感情。
受け入れたくない自分と、
受け入れないといけない現実。
命の重さについて重い、軽いなんて考え方はナンセンスだ。
どんな命にしたって大切なもんに決まってるから。
今自分が悔しいと思っている以上に、
旅立たなくてはならなかった彼女の方が、
よっぽど無念だったに違いない。
生きていることが当たり前。
それは間違った考え方だ。
今自分が本気になって取り組んでいるものがあるか。
夢を追っかけているか。
毎日を、24時間を、精一杯生きているか。
一日の持つ重み。
人生において「たら」「れば」を言い訳にし始めたらだめ。
今となっては冥福を祈る事しかできない。
この無力感にむかつきさえ覚える。
伝えたいことの半分も文章にならなかったけど、
これが今の自分の精一杯。
毎日を最後の一日のように思いつつ生きよ。
セネカの言葉を引用して終えることにする。
合掌。

|

« monochrome | トップページ | tutor »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんて、声をかけたらいいか、わからないな。
無力かもしれない、悔しいかもしれない。
でも
やれること、やろう。

でも、無理をすることは望んでないはず。

よっちんらしく、よっちんができること、やろう。

一生、一日、一時間、一分、一秒、一歩、一個、一つ・・・

投稿: みっつ~ | 2004.05.15 01:47

そだね。
今まで以上に時間を大切にしようと思う。
コメントさんきゅ。

投稿: よっちん | 2004.05.15 01:57

よっちんさんこんにちは。
僕のBLOGがきっかけでメールを下さったことに感謝しております。

早速コメント書きます。

>毎日を最後の一日のように思いつつ生きよ。

その通りですよね。 しかしいったい、どれだけの人間がこのことを意識して日常を送っていることでしょうか・・・。

貴重なお言葉ありがとうございました。
些細な出会いも大切にしていきましょうね。
未来のために・・・。

P.S よっちんさんのお友達の皆様こんにちは。Kenです。
僕はWasedaに在籍していました。 
慶早同士仲良くしましょう!

投稿: ken | 2004.05.15 02:08

kenさんこんばんは。
今後とも遊びにきてくださいo(^-^)o
些細な出会いも大切にしていこうと思っています。
よろしく~
コメント一部訂正させていただきました。

投稿: よっちん | 2004.05.15 02:20

名前間違ってましたね・・・。ごめんなさい(・e・)
ところで僕の送ったメールは見ていただけました?
(どのようなお話でしょうか?)ひそひそ。

投稿: ken | 2004.05.15 02:40

よっちん・・ごめん。
この記事読んでなかったから陽気なメールいれて・・。

よっちんの言葉にしがたい想いが伝わりました。

実際のところ彼女の苦しみやよっちんの苦しみのほんの
一部しか、私は想像できてないとおもうけれど、
また、命について考えさせられました。

投稿: さき | 2004.05.15 07:37

I am deeply sorry to hear the news.
Are you doing alright?
一つ一つすべてのことにおいて
もう明日はこない、と考えて取り組むこと
の一つとして、人との時間をもっとも大切にする
ことを挙げたい。伝える、伝えられる、影響する、
影響されることを一所懸命したい。命をなくす
ことで一番悲しいのは、その人とはもう会話が
出来なくなってしまうことだと思うから。

投稿: ted | 2004.05.15 08:53

saki
大丈夫だよ。
心配ありがと。
伝えたかったのは、
一秒も無駄にできないんだって事。
ted
Thank you for leaving a message to me.
I'm alright now.
As you'd told me,I can hardly live my life without a worm friendship.
I would keep your words firmly in my mind.

投稿: よっちん | 2004.05.15 16:09

はじめまして。

ムラといいます。

初めてのコメントをこのような内容の記事にしていいものか、
迷いましたが、よっちんさんのBlogにこのようなTimingで
たどり着いたのも何かの縁ではと思い書かせてもらいました。

とは言っても、人の生や死について簡単に語ることは自分には
できないんで、自分にとって忘れられない句をひとつ紹介します。

「人の命は咲き誇り、今日一日と、彩のあざやか」

お互い、自分自身に胸はれるよう精一杯生きましょうね。

投稿: ムラ | 2004.05.16 19:55

むらさん
はじめまして。
どんな形であれ、
コメントを残していただきありがとうございました。
自分自身に胸をはれるよう生き方。
精一杯生きること。
胸に刻んでおきます。
ありがとうございました。

投稿: よっちん | 2004.05.16 21:34

偶然の訪問で…足跡を。

高校時代、三日前にゲーセンで対戦してた友達の訃報
仕事での研修、前日一緒に日経を読んで酒を飲んでた
友達の事故の訃報…多々衝撃を受けてきました。

「奴らの分まで生きる」なんてかっこいい事は俺も言えず…
(そんなに俺らは偉かないよな(笑))
ただ、今日という日が永遠でないことだけを肝に銘じて、今日を
生きる。彼らを忘れない。次に会えた時に、その間にあった
事を笑って言えるような生き方をしたい、そう思って
俺は今日も生きてます。

…もちろん時々忘れながらwでも思い出しつつ。
よっちんさん。全部ひっくるめて、抱えて頑張ろうな。
明日死んでも笑えるように。ぼちぼちな。

以上、徒然なる気持ちでした。

投稿: fearless | 2004.05.20 01:12

明日死んでも今選んだ道に対して胸をはってyesと言えるような生き方をこれからもしていきたいと思います。
色々考えることのあるこの一週間でしたが、
気にかけていただきありがとうございました。
今後も遊びに来てください。

投稿: よっちん | 2004.05.21 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16791/595874

この記事へのトラックバック一覧です: regret:

« monochrome | トップページ | tutor »