« 慶應ビジネススクール(3学期振り返り) | トップページ | 【参考】慶應ビジネススクールQ&A Rev1.0 »

2009.03.27

企業戦略論を読みながら@矢上

大学院自体は、春休みを迎えたわけですが、
実際は4月からのゼミの準備で課題図書を読む必要があり、
矢上キャンパスの図書館に来ています。

ここは大学時代に2年間通ったキャンパスで、
思い出もたくさんあるキャンパスです。

研究室で、何度朝日を見たことか。
研究室の同期、先輩ともに仲が良く、
切磋琢磨できた楽しい研究生活だったことが思い起こされます。

それはさておき、
創想館の地下自習室の環境は、勉強するにはもってこいです。

日吉、矢上、三田、協生館と色々と図書館を利用してみましたが、
矢上の図書館が一番勉強の環境として整っていると感じます。

まず、蔵書数が多いこと。

経営に関する蔵書は協生館のほうが多いかもしれませんが、
矢上にも経営工学関連の蔵書は充実しており、
慶應ビジネススクール1年次に履修した科目のほとんどの教科書は
在架であったと記憶しています。

そして、静寂な落ち着いた空間であること。

地下自習室は予備校の自習室のように落ち着いた空間で、
勉強に集中することができます。

私は勉強の中身によって、勉強する場所を変えるのですが、
レポートや個人的な勉強をする際は、矢上の地下自習室。
ディスカッションやブレストをしたい場合は、
協生館のグループ室や、
同じく協生館内のタリーズコーヒーを活用しています。

MBAの勉強は、ディスカッションが多いと思われるかもしれませんが、
実際はレポートの数もそれ相応にものが課されるので、
がーっと集中して片付けたいときは、矢上に篭もることが多いです。
キャンパス自体、よく知っていますしね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
閑話休題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、慶應義塾大学の学部の卒業式が日吉で行われていました。

ふと、自分の卒業の頃に書いたエントリーを読み返してみると、
当時の自分はこんなことを書いていました。

2005/3/22
graduation

グアムから帰ってきて3日が経った。
歩いていける白い砂浜と青い海はもうそばにはなく、
朝まで馬鹿みたいに笑ってた夢のような旅行は、
もう終わったんだということに、いやいやながら気づかされる。
みんなの満面の笑みをみた旅行。
卒業式をあさってに控えているのに、
まだ社会人になるんだという実感が持てない。
正直言って、
ものすごくさみしい。
走馬灯のように思い出が駆け巡るとはよくいったものだ。
何をもって評価するかはわからないけれど、
大学生活を振り返ってみると、
自分自身、人間関係にはかなり恵まれていたと思う。
大学時代に築いたものは人脈ですといってもよいくらいに。
そりゃ社会人からみたら微々たるものです。きっと。
それでもこれから社会に出るにあたり、
心の支えになる。頑張ろうって思える。
コクドの堤義明の父は、友達は自分を裏切るから作るなと言った。
そうはいうけれど、友達は作るものではなくできるものだと僕は思う。
だから自分が魅力的な人間になろうと努力することは、
とても大事なことなんだよね。
社会人になっても、この気持ち忘れないように。

2005/3/26
Hello GoodBye

卒業式を終え、
晴れて大学を卒業した。
寂しくなるのは当り前。
毎日を後悔しないように、
たくさん笑って、
たくさん悩んで、
ちょっとだけ泣いて、
またたくさん笑って、
たくさんバカやってきたもんな。
そんな思い出は尽きることはない。
仲間を大事にすること。
向上心を持ち続けること。
誠実であること。
この3点だけを頭にしっかりと留めて、
社会人になろう。
卒業は、終わりではなく始まり。
始まり。
Hello GoodBye

4年前の自分と今の自分。

こんな形で再開すると思ってもいなかったけど、
当時の自分が自分に対して約束している3点は、
今もしっかり守っていることを改めて認識すると共に、
これからも、自分の軸として、ここに明言しておこうと思う。

  • 仲間を大事にすること。
  • 向上心を持ち続けること。
  • 誠実であること。

けっして驕ることなく、自分の周りにいてくれる人たちを大事にします。
これが私の今の想い。

PS
私がいつも(本当に毎日)聞いている、大好きなスピーチがあります。
それは、このブログのエントリーにもある、
アップル社のCEO、スチーブ・ジョブズのスピーチです。

これは、2005年に、スタンフォード大学の卒業生に向けて、
祝辞として述べたものであるのですが、
今を生きる私たちにつきささる殊勝なメッセージが散りばめられています。
ぜひ聞いてみてください。

この春に卒業を迎えるあなた
この春に転職をされ、新生活を始めるあなた
この春に就職される新社会人のあなた
不況だな、何か始めようかなとモヤモヤしているあなた
独立にむけ、動き始めたあなた
ビジネススクールでいつも仲良くしてくれるあなた(達)
なんだかモチベーション上がらないなぁと思っているあなた

このスピーチが、
あなたの力になることを願って。

Stay Hungry. Stay Foolish.

■続き

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

Blogランキング参加中です。
画像をクリックで投票となります。
↓↓ ここをクリックお願いします ↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 慶應ビジネススクール(3学期振り返り) | トップページ | 【参考】慶應ビジネススクールQ&A Rev1.0 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

よっちんさん

こんにちは。
ブログのタイトルはどこから取ったものですか?
僕は、オールド・ボーイなので”イーグルス!”と思ってしまうのですが。

企業戦略論―バーニーでしょうか?
これも懐かしい。

論文、是非いいものを上げてくださいね。
座学でどんなに良いGPをとっても、論文でこけたら何も残らないと思いますよ。

投稿: 松喜庵 | 2009.03.31 14:50

一橋ICSのMakkoです。

ブログに書き込みをしていただき、ありがとうございました。

こちらこそ、同じ国内MBAに通っているもの同士として、今後、交流できればと思っています。

それでは、今後とも、宜しくお願いします。

投稿: Makko | 2009.03.31 18:06

松喜庵さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
タイトルは、Eaglesのdesperadoから取ってます。
この曲、大好きなんですよね。

そして今日も企業戦略論:バーニーを読んでいるところです。
4月からこの企業戦略論の訳者である岡田先生のゼミで1年間論文執筆します。
座学で学んだことは忘れてしまっても、論文は残るものですからね。
アドバイス頂きました通り、しっかり執筆しようと思います。
ありがとうございます。

投稿: よっちん | 2009.03.31 18:28

>Makkoさん

日記を拝見致しました。
ICSでの厳しくも実り有る日々が目に浮かぶ素敵な日記ですね。
読んでいてぜひイロイロとお話を伺いたい記事もありました。
いつかお会いできることを楽しみにしております。

投稿: よっちん | 2009.03.31 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16791/44483471

この記事へのトラックバック一覧です: 企業戦略論を読みながら@矢上:

« 慶應ビジネススクール(3学期振り返り) | トップページ | 【参考】慶應ビジネススクールQ&A Rev1.0 »